第49回「spinal reflex」

 真っ昼間のテレビから無傷の連中が半笑いで呼び掛ける「一致団結」より空虚で軽薄なものが、果たしてこの世に在るんだろうか
 威嚇するようにわざと押し殺した声を張り上げて、わざわざピックアップした世の中の不満を政府や総理大臣に擦り付けるように喚き散らす司会者の俳優くずれ
 それにゴマをするように同調し、頼みもしないのにこちらの意見や感覚を代弁しようとするコメディアン。何も笑えることなどないのに、仕事と割り切れば俳優くずれを内心で嘲笑うことなど容易かろう。誰も得をしないまま損もせず、ただそれを浴びせられるこちら側だけが不快な午後
 不満も不安も標的となる人物と行為と疑惑も、事実がなければ造り出してまで忍び不忍下り坂の俳優くずれに押し殺した声で押し付けさせて太鼓持ちに囃させる。深刻ぶったBGMに大袈裟でイケ好かないナレーションを加えて一丁上がりの安い海賊稼業

 そいつら全員に生きるなとは言わんが仕事は選んでくれ
 やらせる奴らもそうだし、流す方も流す方だ。出て喋ってる人だけが悪いとは思わないけど、白人!黒人!差別!テロ! って深刻なナレーションと音楽つけて昼間から垂れ流すテレビがバイキングって番組名なのは、さすがに洒落がきついわ

 しかし一方で、片側のみの一方通行の関係が心地よいのは、自分とかけ離れた世界にいる人とだけだな。とも実感する今日この頃。ネットを通じて知り合うのは何も作品を残し活動を行う者ばかりではないし、またそういった人たちにも色んなタイプが居る。だから一概にも言えないし、こうでも前置きしないとまた面倒くさいことになる
 そういう面倒くさい奴等は、前置きなんぞしたところでまあ読みもしやがらんのだろうが。スイッチを入れれば鳴り続けるラジオを聞いたまま生き続けることなど出来ないように、誰も彼もがお前の活動だけを追いかけて暮らす筈などない。にもかかわらず、二言目どころか一言の挨拶も前置きもなく自分のためにお前も何かしろ、と言い出す奴が多い。最近、そういう手合いの連中がよく集まってくると言うべきか。疲れてしまっているとイヤでも目に付くし、それが自分に直接モノ申されたら余計にエネルギーを浪費してしまう気がして。そういう時は離れてしまうに限るのだが、向こうは構わず追撃をしてくる
 自分が同じぐらいの熱量の文言を浴びたら引きつった笑い顔で腰から引いていく癖に、他人の話は上の空でロクに聞かず「我慢して黙っててやった」ぐらいの態度で再び自分のことを語り始める。そんな奴は実際誰に対しても同じような接し方をしているので、ゴマスリや我田引水以外で他人を称賛したり感謝したりもしない。どうせ反応されたところで、初めからムダなのだ
 見抜けなかったり、そんな奴にしか反応されない自分が悪い

 動画チャンネルを拵えようが本を書こうが店を開こうが勝手だが、言われるこっちは一人で向こうはそれぞれ一人ずつ。多勢に無勢とはこのことだ。欲しければ買うし買いたければ勝手に買うし面白かったら勝手に書く。それをイチイチ買えだの書けだの言うならそれはもうお願いや希望ではなく依頼だし、そういうお前はこちらのために何をしたというのだろう。勢いに任せた乱文交じりの慇懃無礼な文言が降りかかってくるたびにウンザリする。無抵抗で受け止められるのは、それだけ損得勘定どころか何もかも遠く果てしない場所にいる人の愚痴や珍言妄言だけなのだ
 
 中途半端に近い連中の慇懃無礼も、テレビの中のワケ知り顔の俳優くずれも、どっちにも御免こうむりたい。だけどテレビ画面を通した情報に対して何かしらの反応をしている自分もキライになってしまうし
 曲がりなりにも努力し行動している奴のお願い事を笑って聞き流してやれない自分もキライになってしまうだけ
 生きているだけでアレもコレも億劫で面倒になってくるぐらいなら、何も考えず何も与えず誰の為にもならず自分の下心だけを満たすために脊髄反射で生きるのが実際あんがい幸せなんじゃなかろうか
 アレを見たら怒り、コレを見たら悲しみで眠れなくなり、涙が流れ、震えが止まらなくなり、この国も隣人も政府も一緒くたに不信だけを選んで募らせる
 そんな脊髄反射は原始的ゆえに快感を伴い、しまいに中毒症状に無自覚なまま日々をやり過ごしてゆける。何処の店でも24時間365日いつでも手に入る度数だけが強い酒のように

 テレビに文句付けてる暇があるようなハンパな人生が嫌になるのは、主にそういう時だ
 自分で自分を鏡に映して、脊髄反射で嫌っているのだ

The following two tabs change content below.
ダイナマイト・キッド
ダイナマイト・キッドです。 プロレス、格闘技、漫画、映画、ラジオ、特撮が好きな33歳肥満児です。 深夜の馬鹿力に投稿中。たまーに読んでもらえてます。 本名の佐野和哉名義でのデビュー作 「タクシー運転手のヨシダさん」 を含む宝島社文庫『廃墟の怖い話』 発売中です。 普段はアルファポリス          https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/376432056 小説家になろう                   https://mypage.syosetu.com/912998/ などに投稿中。 エッセイ、怪談そのほか文章のお仕事もお待ちしております。 kazuya18@hotmail.co.jp までお気軽にお問い合わせ下さいませ
ダイナマイト・キッド

最新記事 by ダイナマイト・キッド (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

ダイナマイト・キッド

ダイナマイト・キッドです。 プロレス、格闘技、漫画、映画、ラジオ、特撮が好きな33歳肥満児です。 深夜の馬鹿力に投稿中。たまーに読んでもらえてます。 本名の佐野和哉名義でのデビュー作 「タクシー運転手のヨシダさん」 を含む宝島社文庫『廃墟の怖い話』 発売中です。 普段はアルファポリス          https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/376432056 小説家になろう                   https://mypage.syosetu.com/912998/ などに投稿中。 エッセイ、怪談そのほか文章のお仕事もお待ちしております。 kazuya18@hotmail.co.jp までお気軽にお問い合わせ下さいませ