映画すみっこぐらしの仕掛け人は大天才か?【感想と考察】

注意:この記事には『映画すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』のネタバレをなるべく含まない様にはしていますが、そこそこ含みます。

皆さん、映画すみっコぐらし見ましたか?

最近Twitterで話題のあの映画です。

僕は事前情報として『ほぼ虚淵玄』『ほぼfete』『泣き過ぎてヤバい』等と聞いていました。

実際にこんなこんなツイートも回ってきたんですよ。

テレビですら

こんな事を言っています。

へぇ、そんなに凄いのか…と思っていると、僕のフォロワーでも次々と『ヤバい!クソ感動した!』という意見が現れ出しました。

そんなに面白いのかと聞いてみると、

とまで、言われてしまいました。
子供向け映画でネタバレも何もある…?とは思いましたが、そこまで言われて見ない訳がありません。

流石に成人男性一人で見に行くのは恥ずかしかったので、渋る友人に懇願して付いてきてもらいました。

映画館に入ると、レイトショーの為僕らの他には二組ほど。カップルと、ソロ参加のオジサンが一人。おじさんもTwitterの情報を見て来たのでしょうか。

そして、映画が始まります。

話の大筋としては、すみっこが好きな生物が絵本の世界に入ってなんやかんやする。という物です。

登場キャラクターには文句のつけようが無いです。めちゃくちゃ可愛かったです。僕の推しは「おばけ」です。

そして、その絵本の中で出会った「ひよこ」の家を探してあげる冒険が始まる、という流れなのですが、そこで僕は思います。

(導入部が長いな…)と。

ほんわか導入部がそこそこ長いですが、おそらくここのタメが後の皆が言う大感動に繋がる演出なのです。

そして話が少し動き出します。

(ついに、来たか…)

(ここから怒涛の巻き返しなのか…!?)

と、僕のワクワクの最高潮、なのもつかの間。

(あれ…?終わりそう?)

ヤバいヤバい、完全に終わる感じの流れになってる。嘘でしょ?
ここからこの不条理な世界を書き換えるパートでしょ?この世界がバリーンって粉々に割れて、世界を再構築してひよこを救い出すパートが始まるんでしょ?

待って待って、終わっちゃうよ?この後の展開待ち過ぎて泣き所逃してるよ。

はいーーーーーエンディング始まっちゃったーーーーー。終わりだーーーーーーー。

いや、でもエンディングロール途中で

「まだ…終わってない!」って叫んでエンディングロールが逆回しになるあの激熱の演出が…

来ないよねーーーーーーーーー

あぁ…明るくなっちゃった。

いや、確かに可愛かったし。悪くなかったよ。でもさ、虚淵玄は言い過ぎも言い過ぎよ。どういうコト?

と、思ったその瞬間僕の中でとある仮説が形成され、全てのパズルが繋がりました。

あ、これ

『やったな』

The following two tabs change content below.
北山

北山

偏差値だいたい2000。そのくらい賢い。 あと力も強い。 足も速い。雑草とか躊躇なく食べれる。水もよく飲む。以上です。