第二回 内観力 Introspection

このコラムはナンパについてのコラムだ。人によっては不快な思いをさせてしまう記事になるかも知れない。
はじめにを必ず読んでから続きを読んで欲しい。

はじめに Introduction

2019.10.21

-見返りなんか期待せず、周りの人にやさしさを無作為に与えなさい。大丈夫、いつか誰かがあなたに同じことをしてくれるから。-
プリンセス・ダイアナ

交通事故を見た
バイクの人が倒れていた。
驚いて動けなかった
情けなかった。
「えっ、大丈夫」
って思っていた大人がほとんどだった
そこにいた大半の大人が動かなかった。
目の前で人が倒れているのに。
勇気が出なかった
僕も周りの大人と同じだった。

「誰かがやるでしょ」

心配するだけじゃなくて
言えよ
伝えろよ
勇気を出して声をかけたい。
その言葉がどれだけ安心するか
その言葉でどれだけ救われるか。
そういう人が増えれば
もう少しこの生きにくい世界も
好きになれるかも知れない。

「イントロスペクション」(内観力)

内省ともいう。心または精神を支配する法則を見出すため,自分自身でおのれの心または精神の働きを観察する過程。心理学で、自分の意識やその状態をみずから観察すること。内省。自己観察。

コトバンク デジタル大辞典

ナンパを始めて良かったなって思うこと。
それは
知らない人に躊躇なく声を
かけれるようになったことだ。

いつからか
自分の知らないことや面倒なことから
目を背けるようになっていた。
事故やトラブルにはできるだけ
巻き込まれないようにと思っていた。

街で困っている人に声をかける。
この世の中みんな忙しいのか
本当に見て見ぬふりをするやつが多い。
声をかけるのが恥ずかしい
もしそんな風に思っているなら
そんな考えを恥ずべきだ。

電車で立っているおばあちゃん
階段の前のベビーカーと
小さい子供連れのお母さん
ほんの少しの勇気で困っている人を
助けられることもある。

「知らない人」
っていう壁を取っ払える力。

知らない人に声をかけていれば
そういったことが迷わずできるようになる。
困っている人に声をかけるのは
ナンパより簡単だ。
無視されることもない
ナンパに比べたらと思えるようになった。

多分、自分がやらなくても
「誰か」がやってくれる
でも
その「誰か」になりたいって思ったんだ。

恐怖から目を逸らしたくなる気持ちも分かる
逃げたい気持ちも分かる。
でも大切なのは逃げないこと
逃げ続けると逃げ癖がつく。

自分の大切なひとが事故にあって
見て見ぬ振りをされるのが嫌だったら
「誰か」がやってくれるじゃなくて
その「誰か」になるんだ。

ただそばにいることしかできないかも知れない
でも
それでも声をかけないよりかは
マシなんじゃないかな。

少なくともこのコラムを読んで
ナンパを始めようと思った君には
そうあってほしい。

声をかけるときに大切にしていることがある。
それは

「キレイな声かけをする」
ということ。

キレイな声かけとは
自分も相手も気持ちよく別れられる
ような声かけのことだ。

自分の発した言葉は自分に返ってくる
声をかける側もかけられる側も同じ。

大事にして欲しいことは

堂々と勝ち
堂々と負けよ

失敗した時の去り方をキレイにする。
いい断られ方を数多く体験する
声かけが上手くなる最短距離だ。

声かけがうまくいかなくても
暴言を吐かない。
「ありがと!気をつけてね」
くらい爽やかな去り際の台詞で別れる。

成功しようが失敗しようが
最後はハッピーエンドにすると決める。
そのラストが明るい声かけだからこそ
立ち止まって話を聞いてもらえる。

最悪なのは
声をかけて失敗したときに
「ブスのくせに」
とか、
「無視すんな」
といった捨て台詞を吐くこと。
暴言を吐くことで自分の敗北感を紛らわしても
無言のまま惨めな気持ちで引き下がっても
お互い後味の悪さだけが残るだけだ。

言葉は自分に返ってくる。

「ブスのくせに」

「ブスにすら相手にされない自分」
という意味になるし
「無視すんな」に関しては
そもそもこっちの都合で声をかけているのに
失礼極まりない。

どんな結末を迎えようと相手への
リスペクトと感謝を忘れない。
それが相手にも伝わり
好感を持って受け入れられる。

そうすれば自分の雰囲気も変わってくる。
断られても落ち込むことはないし
次へとチャレンジする意欲も湧いてくる。

堂々と勝ち
堂々と負けろ

実際の声かけでは
最初の挨拶と別れの言葉が大事になってくる
キレイな終わり方ができる声かけは素敵だ。

「少しだけでも話せてよかった」
など何でもいい。
声をかけた自分もかけられた相手も
気持ちよく別れられるようなセリフを
心の中にいくつか用意しておく。

こんなツイートを見た

『帰りの電車で外国人さんに「コンニチハ、美しい人。一緒にご飯食べに行きませんカ?」ってナンパされたのですが、お断りしたところ「ソウデスカ、残念デス。ソレデハ良い週末を、美しい人」って言われて、最後まで相手も持ち上げてくれる実に素晴らしいナンパだった。
カタコトでも悠然とアタックするメンタルの強さも凄いよな』

メンタルの強さも見習いたいが
なにより美しい声かけだ
スマートな声かけは格好いい。

しかし残念なのは
なぜこんなにもナンパのブログやコラムは
性的な描写が多いものばかりなのかということ。
これだと
ナンパ=セックスみたいなイメージになる。

声をかけても軽蔑するような目をされる。
ただ挨拶をしただけなのに
ものすごく不機嫌そうな顔をされる。
あの嫌悪感は知らない人に声かけられた
恐怖からくるものなのか
もしくは
軽薄な行為への軽蔑なのか。
だから声をかけるときはできるだけ
ソフトに声をかける。

断るのがうまい人は本当に魅力的な人が多い
魅力的だから断るのかがうまいのかは分からないが
こちらを気遣ってくれる
「ありがと。でもごめんね」

もしかしたら無視や不機嫌になる彼女たちも
最初は笑顔で対応していたが
あまりにも嫌なナンパの経験をして
無視や不機嫌な態度をとるようになったのかも
知れない。
そう思うと少し申し訳ない気持ちになる。
こちらも
「ごめんね。ありがと」
と思ってもらえる声かけをしたいものだ。

少なくともこのコラムを読んでナンパを始めようと
思った君にはキレイな声かけをして欲しい。
もし暴言を吐かれたとしても
過去のナンパで辛い思いをしたんだな
くらいに思ってあげてほしい。

いい出会いもあれば
よくない出会いもある
だから面白い。

【第四回 ビッチって言うのやめませんか?】 - 北山・長谷川の泥ラジ

2015.10.08

このコラムを読んでいる人の中には
「でも、やってることは結局弱ってる子に声かけてセックスすることでしょ。どんなに綺麗ごと言ったって、他のナンパとやってることは変わらないじゃん。」
って思っている人もいるかも知れない

そんなこと分かってる
そんなこと言われなくても分かっている。

ただそれを認めてしまうと
認めてしまうと
今まで出会った彼女たちを否定することになる。
だからこそ
だからこそせめて言葉や考えだけでも
綺麗でいたい。

「大きくなったら、かーちゃん守ってやれよ。困ってる女の子もな」
そんなことが言える大人の男になりたい。

The following two tabs change content below.
雨傘

雨傘

好きなもの 格好いいやつ    嫌いなもの ダサいやつ
雨傘

最新記事 by 雨傘 (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

雨傘

好きなもの 格好いいやつ    嫌いなもの ダサいやつ