第33回「生きる」

本当の力を見せてやれ
お前の力を見せてやれ
本当の声を聴かせてくれ
お前の声を聴かせてくれ
favor por favor
お前の声を声を声を力を
favor por favor

 古ぼけたレコード盤から聞こえてくる知らないメキシコ人歌手の甘ったるくて切なくてちょっと胸やけしそうなクドい声。ルイス・ミゲルをもっと濃厚にしたような、黄色い日差しと排気ガスの香りに彩られた街角を思い出すフレイバーが漂う歌だ。付属の訳詞を読むと、こんなフレーズだった
 見たことも聞いたこともない歌手と曲だったが日本盤が発売されたということは結構なヒットだったのではないだろうか。ジャケットでマイクを掴んでいる、でっぷり太った禿頭にピアスの多い中年男性が歌手なのだろうか。そしてこの歌以外にも我が国でレコードが発売されたことはあったのだろうか
 太陽と情熱の国、などとよく形容されるあの国のイメージを甘く捉えすぎて糖尿病になりそうなジャケットと歌詞と声だった

懐かしい思い出の風景に降りしきる
目の前に伸ばした手のひらさえ
霞んでしまうほどのスコール
あの国は朝8時前でも平気で汗ダラダラ流すぐらい暑くなるけど、
立ったまま溺れるレベルのスコールが降るから夕方からは涼しくなる

 排気ガスの匂いが雨上がりの舗装路で陽炎になって立ち昇る。スコールが止めば再び太陽が顔を出す。夕暮れ前、最後の力を振り絞って真っ赤に燃えた太陽のギラつく光が差し込む天窓。部屋の隅に山積みになったガラクタに埋もれた壊れかけのオルゴールが、か細い音色で歌う懐かしく甘ったるいメロディ

生きるよ、今日も明日も昨日の分まで
生きるよ、いつかまたきっとどこかで
会えるよ、君の事いつも思って生きてるよ
好きだよ、他のきっと誰より君のことだけ
生きるよ、それを必ず伝えるために──

 失くしたんじゃない、壊れたんでもない、自分で手放して置き去りにした夢の亡骸を今更探して泣いている。涙でにじんだ手元から指と指をすり抜けて黄色い街かどに風と消えてく追憶のクオリア
 追いすがっても追いすがっても月のように影のように逃げてゆく月日の長さに
 振り切っても振り切っても追いついて来る迫り来る波打ち際、暗い浜辺に
 流れ着いて積もってゆく夢の成れの果てのガラクタ
 粉々になって砕けて腐る夢の成れの果てのガラクタ
 積み上がり崩れ去ってく夢の成れの果てのガラクタ

 消えてしまわないうちに掴みたい。だけど今更走り出せない。無下に捨てた月日が足枷になって、気が付けば日々の生活に足を取られて。焦ることを諦めて、急ぐことも忘れたくて。目先の仕事に集中しようと思えば思うほど手元が狂う
 それぞれの暮らしがあるんだ。知らなかっただけで、今日も明日も変わらないんだ。無理に変えて会いに行くことが楽しかった。それだけ日々の暮らしがつまらなくて憂鬱だった。今は、今は、今は違うのかもしれない。また違った仕事、違った現場、違った人々と出会ったことで実生活も変わっていた。だから、また違う日々が始まるのに、楽しかったことだけを引きずって変えられずにいる
 オモチャを二つ抱えて駄々をこねる幼い子供のように
 大きな子供といえば優しいが、ガキのままだと言われたら返す言葉もない

本当の力を見せてやれ
お前の力を見せてやれ
本当の声を聴かせてくれ
お前の声を聴かせてくれ
favor por favor
お前の声を声を声を力を
favor por favor

 針の飛んだレコード盤のように同じ歌の同じフレーズを繰り返しながら、堂々巡りの末に衰弱してゆく生活。今日も明日もレコード盤は回るだろう、昨日の分まで
 本当の力なんてあったのか
 俺には力なんてあったのか
 見せてやりたいのはやまやまだが、時間も過去も足りなくて
 いつか、と思って日が暮れて
 明日も明日の手元が狂う

第36回「ミカンと箪笥」(後)

2020.05.11

第35回「ミカンと箪笥」(前)

2020.05.04

第34回「僕の前でおしっこをしてくれた女の子たちは、みんな最後に恥ずかしそうな顔で少しだけ笑った」

2020.04.27

第31回「冷たい海のクジラ」

2020.04.06

第30回「真夏の昼下がりはスージー・ウォンの世界でファンク大作戦」

2020.03.30

第29回「Novatos~プロレスリングと僕とメキシコ~」

2020.03.23

第28回「ピコピコの国へ」

2020.03.16

第27回「ホネホネUFOの子守唄」

2020.03.09

第26回「くたばれ善人面」

2020.03.02

第25回「SPECTRUM X」

2020.02.24

第20回 「Autobahn」

2020.01.20

第19回「SKY HIGH!地元愛!!田舎モンの悲哀」

2020.01.13

第18回「怪獣たちのraison d'etre」

2020.01.06

第17回「砂の星より愛をこめて」

2019.12.30

第15回 「アビキの歌が聞こえてくるよ(前)」

2019.12.16

第12回「君を迎えに行って15分後、僕たちは海の見えるラブホテルにいた」

2019.11.25

ニューシネマ・パラダイスシティ 第11回「Aguascalientes」

2019.11.18

ニューシネマ・パラダイスシティ 第10回「ぼたにかる。」

2019.11.11

ニューシネマ・パラダイスシティ 第9回「PURE DYNAMITE 2」

2019.11.04

ニューシネマ・パラダイスシティ 第8回「PURE DYNAMITE 1」

2019.10.28

ニューシネマ・パラダイスシティ 第7回「嫌われ者症候群の君へ」

2019.10.21

ニューシネマ・パラダイスシティ 第6回 「幸福の鐘の鳴る場所へ」

2019.10.14

ニューシネマ・パラダイスシティ 第5回 「ぷにぷにのいるくらし」

2019.10.07

ニューシネマ・パラダイスシティ 第4回 「Birth Day(2)」

2019.09.30

ニューシネマ・パラダイスシティ 第3回 「Birth Day(1)」

2019.09.23

ニューシネマ・パラダイスシティ 第2回 「晴レ男(2)」

2019.09.16

ニューシネマ・パラダイスシティ 第1回 「晴レ男(1)」

2019.09.09

お試し作品。「溺れるクラゲ」

2019.09.02

デビュー作「タクシー運転手のヨシダさん」を含む短編集
「廃墟の怖い話」宝島社文庫より発売中です
廃墟を舞台にした様々な怪談がお楽しみいただけます
ぜひお買い求めくださいませ

https://tkj.jp/book/?cd=TD284877

ツイッターやってます。雑多なアカウントですのでお気軽にどうぞ

The following two tabs change content below.
ダイナマイト・キッドです 写真は友人のクマさんと相撲を取る私 プロレス、格闘技、漫画、映画、ラジオ、特撮が好き 深夜の馬鹿力にも投稿中。たまーに読んでもらえてます   本名の佐野和哉名義でのデビュー作 「タクシー運転手のヨシダさん」 を含む宝島社文庫『廃墟の怖い話』 発売中です 普段はアルファポリス          https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/376432056 小説家になろう                   https://mypage.syosetu.com/912998/ などに投稿中 プロレス団体「大衆プロレス松山座」座長、松山勘十郎さんの 松山一族物語 も連載中です そのほかエッセイや小説、作詞のお仕事もお待ちしております kazuya18@hotmail.co.jp までお気軽にお問い合わせ下さいませ

最新記事 by ダイナマイト・キッド (全て見る)

ABOUTこの記事をかいた人

ダイナマイト・キッドです 写真は友人のクマさんと相撲を取る私 プロレス、格闘技、漫画、映画、ラジオ、特撮が好き 深夜の馬鹿力にも投稿中。たまーに読んでもらえてます   本名の佐野和哉名義でのデビュー作 「タクシー運転手のヨシダさん」 を含む宝島社文庫『廃墟の怖い話』 発売中です 普段はアルファポリス          https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/376432056 小説家になろう                   https://mypage.syosetu.com/912998/ などに投稿中 プロレス団体「大衆プロレス松山座」座長、松山勘十郎さんの 松山一族物語 も連載中です そのほかエッセイや小説、作詞のお仕事もお待ちしております kazuya18@hotmail.co.jp までお気軽にお問い合わせ下さいませ